老犬『関節』について|しっかりとした運動とケア・関節に有効な成分など

 

老犬の衰えの問題の1つ『関節』についてまとめています。

 

できるだけ歩かせて、老化の進行をゆるやかにして筋肉の量を落とさないように心がけましょう。

加齢とともに関節部分のの潤滑構造がだんだんダメになってきます。関節を構成する各パーツからは弾力が失われ、骨と骨がこすれあう、靭帯が弱くなって損傷する、内壁である「藷籍」が炎症を起こす、関節の位置がずれてしまう、などの障害を抱えていきます。

その結果、ワンコの関節は少しずつなめらかな動きができなくなり、起き上がるときや小さな段差を移動するとき、階段の上り下りのときに痛い関節をかばうようになります。

また、筋肉には関節を支える役割もあります。筋力が落ちると関節を支えられなくなり、関節の負担も増えてしまいます。

老犬によく見られる病気や怪我

老犬によく見られる病気やケガです。

・変形性骨関節症

・変形性脊椎症せきつい関節のトラブルが進行すると「変形性骨関節症」「変形性脊椎症」になります。

 

骨自体に出っ張りが発生して、さらに動きが悪くなってしまい、四肢であればそこをかばうようになります。その結果、反対側の足も痛めてしまい、完全に歩行不能になることもあります。特に肥満のイヌは要注意です。背骨に発生した場合は、腰痛や脊髄神経への障害が続いて発症し、後足が麻痺する場合もあります。

 

靭帯断裂、脱臼など老犬は靭帯の強度が落ち、さらに周囲の筋肉も弱くなるため、捻挫からの「靭帯断裂」や「脱臼」が起きやすくなります。強めの捻挫と間違えやすいのですが、慎重に関節を触診すると異常なズレが見つかる場合があります。

高齢犬の場合、若いころであれば問題ない程度のちょっとした衝撃で、靭帯断裂や脱臼を起こします。

骨粗しょう症は人でも問題になっていますが、わんこでも同じです。

骨が弱っていく

イヌは加齢とともに骨の本体から有機物が減っていき、弾力性やしなやかさが失われます。特に骨量が減り、骨がもろくなる「骨粗しょう症」が進行すると、骨が衝緊に耐えられず骨折しやすくなります。

リウマチ性関節炎はただの関節炎ではなく、免疫のシステムが異常を起こして関節を攻撃してしまう場合があります。これを「リウマチ性関節炎」と呼びます。

一見ただの重い関節炎に見えますが、炎症が檄しく、周囲の骨組織まで溶かしてしまい、関節の構造を丸ごと破壊してしまうこともあります。

憂関節、骨、筋肉の衰えの予防と対策筋肉は使わなければ、どんどん萎縮していきます。前述のように、筋力が衰えると関節を支えられなくなり、関節にかかる負担が増えますので、元気なうちはできるだけ運動をさせて、筋力を維持するようにしてください

 

筋力の維持には、日常的に自力で歩かせることが重要です。お散歩のときは、平坦なアスファルトの上だけでなく、起伏のある場所(ゆるやかな階段など)や、ちょっとした障害物のある未舗装の場所を選ぶといいでしょう。公園の車止めをジグザクに歩かせると、ふだんあまり使わない筋肉を伸縮させられます。

また、

狭いところに追い込んで後ろ向きに歩かせたりするのも、ふだんとは異なる刺檄を与えるという点で効果的です。ただこのとき、イヌが無理に身をよじってUターンしようとすると、背骨を痛める可能性があるので注意してください。

お散歩は、やたらに長い距離を歩かせたり、激しく走らせたりする必要はありません。老犬に若いときと同じ強度の運動をさせては、骨や関節に負荷がかかりすぎて逆効果です。

変化に富んだ歩き方をさせることで、全身の筋肉にまんべんなく刺檄を与えられればいいのです。もちろん、すでに関節の病気を発症してい老犬は無理に運動させる必要はありません。

愛犬がいよいよ歩くこともできなくなった時はどうすればいい?

後足が弱くなって、一見歩けなくなったように見えても、歩行補助具を使えばまだ歩けることもあります。

歩行補助具は、下半身にベルトをかけて人力で持ち上げるものですが、飼い主はギリギリまであきらめずに、イヌ自身が自分の意思で歩く生活を維持してください。

 

ただし、持ち上げる人の腕力にも限界があるので、この方法は中型犬までにかぎられます。関節痛がある場合は、消炎剤やグルコサミン製剤など、関節の潤滑をよくするサプリメントを使用すると多少緩和できます。

寒いときは患部を温めるのも効果的です。

おすすめなのは、ジップロックなどの袋にお風呂のお湯を入れて湯たんぽをつくり、ひざのうえに乗せて温める方法です。ひざを温めながら同時に囮肢を伸ばしたり曲げたりして筋肉と骨に刺激を与えると、萎縮をより遅くできます。なお、使い拾てカイロは低温やけど、誤食の危険があるので避けてください